脱毛と花粉症の相性の悪さについて

脱毛する際は服用中の薬とよく相談すること

そのため私は毎月特定の1週間だけ服用する薬を変えて、その合間を縫って施術を受けるという形で1年と2ヶ月間通い続けました。
結論から述べると、これでも肌荒れが酷くなることがありました。
脚の方では火傷も経験し、痕は残らなかったものの精神的なダメージは大きかったです。
金銭的にも安いものではないですから、ここまでの苦労をするならセルフケアで適当にムダ毛の処理をするだけでも後悔はしなかったかもしれません。
これから脱毛の検討をしている皆さんは、花粉症だけに限らず現在服用中の薬とよく相談することをおすすめします。

徹底調査して分かった!本当に通うべき全身脱毛サロンランキング#全身脱毛 #KIREIMO https://t.co/18jWXGXNzr

— 脱毛レポ (@datsumoureport) January 15, 2021
花粉症でも少しは我慢できる規模なのであれば、問題なく施術を受けることはできるでしょう。
ただ重度の場合には簡単ではなく、精神衛生上でも非常に堪えます。
身体にも心にも負担のないよう、ゆっくりと考えて決めてみてください。
ここまで苦労して手に入れたツルツルの肌、これからも大事にお手入れしていきたいです。

花粉症の薬が脱毛に支障が出ることが判明重度の花粉症だったが薬を変えサロンを変えて脱毛する脱毛する際は服用中の薬とよく相談すること