脱毛と花粉症の相性の悪さについて

重度の花粉症だったが薬を変えサロンを変えて脱毛する

全身脱毛サロン最新ランキング-全身脱毛レビュー / 医療レーザー脱毛

それでももし多大な影響が出た際に責任は取れないと言われ、冷静に考えればツルツルにすることを目的にする施術で肌に傷が残ったら冗談では済まないと気付きました。
勘違いしてはいけないのは、あくまで薬を飲んでいるとダメということであり、花粉症の患者なら全員ダメだということではありません。
一言に言っても症状の規模は人によって違いますから、薬を使うまでもないという人も多いはずです。
その反面で薬が手放せないほどの重症の人は、最悪脱毛を諦めるという選択も生まれます。
この経験を通じて、改めてアレルギーというのは厄介だと自覚しました。
結局脱毛を諦められなかった私は、その後病院の先生とも相談して薬の種類を変えてみるなどの挑戦をしたのです。

これはサロンによって決まりが違うそうですが、施術の前後24時間だけ薬を我慢すればいいところもあれば、前後1週間は必ず控えてくださいという場所もあります。
何がその判断を分けるかは知識不足で解らないのですが、結局私は効果の薄い市販の薬に切り替えることと、この決まりがなるべく緩いサロンに切り替えることで施術を受けられるようになりました。
いかんせん施術は数ヵ月間掛かりますから、仮に症状の軽い季節に受け始めてもその過程の中で季節が巡り薬を必要とする時期と被ります。

花粉症の薬が脱毛に支障が出ることが判明重度の花粉症だったが薬を変えサロンを変えて脱毛する脱毛する際は服用中の薬とよく相談すること